<progress id="hv9d3"></progress>

        <del id="hv9d3"></del>
          <strike id="hv9d3"></strike>
            <output id="hv9d3"><noframes id="hv9d3"><big id="hv9d3"><form id="hv9d3"><form id="hv9d3"></form></form></big>
              <pre id="hv9d3"></pre>

              <thead id="hv9d3"><delect id="hv9d3"><address id="hv9d3"></address></delect></thead>

              <rp id="hv9d3"></rp>

                  このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
                  言語切替メニュー

                  RICOH imagine. change.

                  日本 - ソリューション・商品サイト Change
                  このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
                  現在地
                  • ホーム
                  • ビジュアルコミュニケーション
                  ここから本文です

                  ビジュアルコミュニケーション

                  働き方改革のヒントに!ビジュアルコミュニケーションで変わるワークスタイル

                  昨今、多くの企業で検討されている「働き方改革」。労働人口の減少、労働生産性の向上、長時間労働の是正などから、「働き方の見直し(ワークスタイル変革)」が注目されています。たとえば、テレワークの導入、會議時間の短縮といった多様な働き方を取り入れた企業も多いのではないでしょうか?

                  リコーはビジュアルコミュニケーション機器を通して、離れた場所でも「いつでも?どこでも、だれでも?だれとでも」必要なときにすぐにコミュニケーションし、新しい働き方を生み出す環境づくりをサポートします。

                  動畫で紹介~リコーのビジュアルコミュニケーション

                  流通?製造?教育?イベント運営の現場における、新しい働き方を約3分の動畫でご紹介しています。働き方変革のヒントにぜひご覧ください。

                  業種別ソリューション

                  各業種ごとにお客様が抱えている課題別に、ビジュアルコミュニケーションを活用した働き方改革をご提案します。

                  ビジュアルコミュニケーションの商品一覧

                  働き方改革を実現するためのビジュアルコミュニケーションの商品一覧。テレビ會議?Web會議システムを使えば、場所に捉われないコミュニケーションを実現。インタラクティブホワイトボード(電子黒板) でアイデアを結集し、創造性あふれるコラボレーションを。また、これらの機器やプロジェクター、デジタルサイネージを組み合わせることで、必要な時にすぐに集まり、情報の共有?決定ができる“空間”を作ることができます。

                  働き方改革のヒントに!おすすめコンテンツ

                  働き方改革のヒントに役立つおすすめコンテンツをご紹介します。

                  ワークスタイル変革(働き方改革)成功に導くカギとは

                  畫像:PDF版 無料ダウンロード A4版 22ページ

                  資料をダウンロードする

                  ワークスタイル変革の推進を阻む課題と成功へ導くための注目ポイントを紹介します。

                  ワークスタイル変革に関するこんな悩み、ありませんか?
                  「必要性は分かっているが、実施が進まない」
                  「ワークスタイル変革が掛け聲だけになっている」
                  「何から手を付ければ良いのかわからない」

                  ワークスタイル変革は、今や國を挙げて取り組むべき課題となっています。
                  その本來の目的は「企業の競爭力、価値を高める」ことではあるものの、制度や業務プロセスの変更や組織の意識改革、環境整備への投資などが必要であり、一朝一夕で実現することが難しいとお感じの企業様が多いようです。

                  本資料では、客観的なデータに基づいてワークスタイル変革が求められる必要性を改めて確認したうえで、ワークスタイル変革の推進を阻む課題と成功に導くポイントを解説していきます。

                  ぜひ、貴社の業務にご活用ください。

                  亚洲乱亚洲乱妇50P_国产午夜福利短视频_99re视频热这里只有精品38_亚洲妇女熟BBW