<progress id="hv9d3"></progress>

        <del id="hv9d3"></del>
          <strike id="hv9d3"></strike>
            <output id="hv9d3"><noframes id="hv9d3"><big id="hv9d3"><form id="hv9d3"><form id="hv9d3"></form></form></big>
              <pre id="hv9d3"></pre>

              <thead id="hv9d3"><delect id="hv9d3"><address id="hv9d3"></address></delect></thead>

              <rp id="hv9d3"></rp>

                  このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
                  言語切替メニュー

                  RICOH imagine. change.

                  日本 - ソリューション・商品サイト Change
                  このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
                  現在地

                  Share

                  ここから本文です

                  お客様事例 醫療法人社団 札幌道都病院 様

                  患者様や醫療スタッフの居場所を「探す」から「見える化」し業務効率と安全性の向上を実現

                  入院病棟では患者様やスタッフを探すことが日常でしたが、ナースステーションに設置した位置情報モニターで、居場所確認が容易になり、想像していた以上にスタッフの業務効率化が実現できました。

                  畫像1:お客様事例 醫療法人社団 札幌道都病院様
                  畫像2:お客様事例 醫療法人社団 札幌道都病院様

                  課題と効果

                  【導入前のお困りごと】

                  • 処置時に病室を訪問しても患者様がいない
                  • 先生からの重要な指示は直接會って伝えたいけど、擔當看護師が近くにいない
                  • 夜勤はスタッフの人數が限られているので不安

                  【導入後の効果】

                  • 病室に患者様の在室狀況がわかり訪問?回診が効率的になった
                  • 擔當看護師の居場所が分かり、狀況に応じて適切なタイミングで連絡できる
                  • 夜勤でも同僚看護師、介護スタッフなどの居場所が分かり、応援を求められるので安心

                  看護師の業務改善にこんなに貢獻するとは想像していませんでした。
                  導入後には『なくなると困る』とスタッフが言ってくれるのは嬉しい。

                  畫像:醫療法人社団 札幌道都病院 理事?副院長 醫學博士 矢嶋 知己 様

                  醫療法人社団 札幌道都病院
                  理事?副院長
                  醫學博士 矢嶋 知己 様

                  背景と課題

                  患者様の高齢化に対応し、業務スタイルを変えたことで、スタッフの所在確認が大変に

                  患者様の高齢化に伴い、當院では様々な取り組みをしてきました。
                  患者様の負擔が少ないベッドサイドでの治療や検査を増やしたのもその1つです。その結果、患者様の負擔を減らすことは実現できましたが、代わりに、看護師は各病室にいる時間が長くなり、擔當看護師に直接連絡をする際には病棟內を探し回るということが増えてしまいました。
                  また、6割超の患者様が要介護者という當院では、認知癥による徘徊などのリスクもあり、高齢患者様の安全性の確保という點から、患者様の位置把握の必要性も感じていました。

                  導入の効果

                  業務の効率化だけではなく、スタッフの負擔軽減や、職場の魅力向上にも効果が

                  導入後、「患者様やスタッフを探す」ということは無くなり、スタッフからも「探し回らなくて楽になった」という聲が聞かれるようになりました。また、患者様の所在確認もすぐに出來るので、安全性も高まりました。
                  導入前に、スタッフからは、「探すのが大変」という聲は聞こえてきていなかったのですが、大幅に負荷が減った結果、今では位置情報が
                  「なくなると困る!!」と言う聲が顕在化してきたようです。

                  対外的にも効果があり、當院に入職を希望する方たちに開いている病院見學會の後、殆どの方がぜひ當院で働きたいとおっしゃり、実際にエントリーしてきます。すべての人を受け入れることは當然できませんが、そういう方の數が増えたことはとても喜ばしいことだと思います。

                  今後の展望

                  外來への導入をすすめ、動線分析を行って更なる業務効率化を目指す

                  導入して1年余経ち、予想していた以上の効果が得られたので、位置情報サービスの外來への導入を検討し始めました。今後は外來、そして、入院患者様やスタッフなどの動線分析などを行い、より業務を効率化し、患者様にとっても、スタッフにとってもよい病院にしていく活動をしていきたいと考えています。

                  現場スタッフの聲

                  足の疲れが話題にならなくなりました 看護師長 畑山 聡子 様

                  先生に指示を仰ぐ際や、逆に先生からの指示?連絡事項を擔當の看護師に伝えるために、安全管理上、直接話をする必要があります。
                  導入前は、それこそスタッフを探すのに「探し回る」ということが日常でした。
                  しかし、システムが入ってからは、ナースステーションのモニターを確認すれば所在がわかるので、探し回ることがなくなり、歩く距離も格段に減りました。以前は1日が終わると、看護師同士で足の疲れを話題にしていましたが、最近では全く話題にならなくなり、業務負擔の軽減を実感しています。

                  畫像:看護師長 畑山聡子様看護師長 畑山 聡子 様

                  夜勤時の安心感が高まりました 看護師 丹羽 まりえ 様

                  人數の減る夜勤時に、同僚がどの病室にいるのかすぐに把握できるようになったのが一番実感できることでしょうか。ナースコールやセンサーコール(ベッドについているセンサー?;颊撙佶氓嗓螂xれると呼び出しがかかる)に誰が対応しているのか、していないのかがわかるので、安心できるようになりました。
                  今では、行動前にモニターを見ることが癖になりました。日勤でも5、6回は確実に見ていますね。なによりも「探す手間」がなくなり、移動量が減ったので、體力的にも精神的にもだいぶ楽になったと思います。

                  畫像:看護師 丹羽 まりえ 様看護師 丹羽 まりえ 様
                  畫像:天井に設置されたRFIDアンテナ

                  天井に設置されたRFIDアンテナ

                  畫像:病室の天井に設置されたRFIDアンテナ

                  病室の天井に設置されたRFIDアンテナ

                  畫像:ナースステーションの位置表示モニタ

                  ナースステーションの位置表示モニタ

                  畫像:スタッフ用のRFIDタグIDカードの裏についている

                  スタッフ用のRFIDタグ
                  IDカードの裏についている

                  畫像:患者様用のRFIDタグ腕にバンドでとめている

                  患者様用のRFIDタグ
                  腕にバンドでとめている

                  畫像:移動する醫療機器にRFIDタグをつけている

                  移動する醫療機器にRFIDタグをつけている

                  お客様プロフィールと導入サービス

                  醫療法人社団 札幌道都病院 様

                  急激な高齢化が進む札幌市東區の急性期醫療を擔う札幌道都病院様。近隣の療養型病院や老人福祉施設などからの患者様受入も多く、介護を必要とする患者様は6~7割を占めます。この狀況に対応するため、醫師や醫療スタッフの充実とともに、電子カルテや入院患者管理システムなど、最新のITシステムを積極的に導入し、ベッドサイド型のケアを導入するなど、高い醫療水準とスタッフの業務効率向上の両立を実現しています。

                  所在地 北海道札幌市東區北17條東14丁目3番2號

                  開院 1987年11月

                  醫療スタッフ 230名(醫師、看護師、介護士、理學療法士、作業療法士、薬剤師、臨床工學技士等)

                  入院病床數 188床

                  診療科目 內科、外科、形成外科、消化器內科、消化器外科、循環器內科、呼吸器內科、肛門外科、リハビリテーション科、放射線科

                  導入サービス

                  ■屋內位置情報サービス


                  本ページに掲載されている情報は、2017年7月現在のものです。

                  ダウンロード

                  この事例を印刷用にダウンロードしてご利用いただけます。

                  PDF版(913KB)

                  お問い合わせ

                  屋內位置情報サービス関するお問い合わせ?ご相談はこちら

                  お問い合わせ

                  亚洲乱亚洲乱妇50P_国产午夜福利短视频_99re视频热这里只有精品38_亚洲妇女熟BBW