<progress id="hv9d3"></progress>

        <del id="hv9d3"></del>
          <strike id="hv9d3"></strike>
            <output id="hv9d3"><noframes id="hv9d3"><big id="hv9d3"><form id="hv9d3"><form id="hv9d3"></form></form></big>
              <pre id="hv9d3"></pre>

              <thead id="hv9d3"><delect id="hv9d3"><address id="hv9d3"></address></delect></thead>

              <rp id="hv9d3"></rp>

                  お客さまのセカンドファクトリーを目指して。
                  3DプリントサービスのトップランナーDMMの新たな挑戦

                  「DMM.make」ブランドで、3Dプリントサービスをはじめ、モノづくりプラットフォームを広く展開する「DMM.com」様では、3Dプリント事業の拡大を見據えて、 圧倒的な生産性で最終製品の製造も可能な「HP Jet Fusion 3D」を導入により、品質を維持したまま畫期的な生産性向上を実現されました。 さらに、3Dプリンターで試作品造形から最終製品の量産までをもサポートする「マスプロダクションサポートサービス」を新たに展開し、モノづくり企業を強力にサポートされています。 DMM.com様では、今後「お客様のセカンドファクトリー」を目指し、3Dプリントサービスの國內トップランナーとして新たな挑戦に取り組まれています。

                  合同會社 DMM.com 様
                  所在地:
                  東京都港區
                  従業員數:
                  609名(2018年10月現在)
                  主な業務:
                  ◎デジタルコンテンツ配信事業、通信販売事業などの情報通信関連事業
                  ◎モノづくり支援事業、太陽光発電事業、仮想通貨関連事業 他
                  ホームページURL:
                  https://dmm-corp.com/
                  マスプロダクションサポートサービス:
                  https://make.dmm.com/print/option/massproduction/

                  従來のSLS機からの乗り換えで年間5,000萬円もの材料廃棄ロスが大幅に改善!
                  品質を維持したまま生産スピードが最大6倍に向上!

                  従來のSLS機を使った3Dプリントでは、リサイクルパウダーの材料廃棄により、年間5,000萬円ものロスが出るという大きな問題を抱えていました。また、従來は早くても1日一回程度しか3Dプリントできない生産スピードも課題になっていました。今回、新たに「HP Jet Fusion 3D」導入後は半年経過しても材料廃棄はゼロ。品質はそのままに生産スピードも最大6倍にもアップ。さらに機械の操作性もシンプルで快適なためオペレーターにも好評で、人材育成の時間も大幅に削減できました。

                  これまでの課題
                  従來のSLS機ではリサイクルパウダーの
                  材料廃棄によるロスが大きな問題に。
                  早くても1日1回程度しか造形できなかった生産スピード。
                  プロダクション領域での製品製造に
                  求められる造形品質を満たすことが困難
                  3Dプリンター活用による効果
                  運用開始して半年経っても
                  リサイクルパウダーの材料廃棄はゼロ。
                  品質はそのままに生産スピードが
                  最大6倍にアップ。
                  既存の製造方法の代替となる、異方性のない
                  強度の高い造形で最終製品の製造も可能に。

                  導入した機器/サービス

                  お客様インタビューCustomer Interview

                  合同會社 DMM.com。.make事業部 3Dプリント部。部長?プロデューサー。川岸 孝輔 様。
                  合同會社 DMM.com
                  make事業部 3Dプリント部
                  部長?プロデューサー
                  川岸 孝輔
                  株式會社 DMM.com Base。流通管理部 3Dプリントセンター。3D Printing Engineer。望月 大地 様
                  株式會社 DMM.com Base
                  流通管理部 3Dプリントセンター
                  3D Printing Engineer
                  望月 大地

                  背景?課題

                  當社ではSLS機を使った3Dプリント量がもっとも多く、リサイクルパウダーの材料廃棄によるロスが、非常に大きな問題になっていました。だいたい年間で5,000萬円もの廃棄ロスが発生しており、その材料廃棄量を低減するというのが早急の課題でした。また、多くのモノづくり企業様の3Dプリントニーズに応え、サービスを拡大していくために、瞬間的なキャパシティ増加に対応可能なさらなる生産性の向上と、最終製品の品質として耐え得るだけの造形品質が大きな課題でした。

                  當社ではSLS機を使った3Dプリント量がもっとも多く、リサイクルパウダーの材料廃棄によるロスというのが、非常に大きな問題になっていました。だいたい年間で5,000萬円もの廃棄ロスが発生しており、その材料廃棄量を低減するというのが早急の課題でした。また、多くのモノづくり企業様の3Dプリントニーズに応え、サービスを拡大していくために、瞬間的なキャパシティ増加に対応可能なさらなる生産性の向上と、最終製品の品質として耐え得るだけの造形品質が大きな課題でした。

                  パウダー除去作業

                  導入のポイント

                  HP Jet Fusion 3Dは材料の再利用率が業界トップの80%と非常に高く、材料の廃棄が極めて少ないというのが導入の大きな決め手でした。さらなるポイントとして、今までのパウダーベッドフュージョン方式と比較して、材料交換が非常にしやすい所が挙げられます。HP Jet Fusion 3Dは基本的には造形がビルドユニットという、庫內で解決するものになっていますので、材料交換がフレキシブルに行える點が非常に魅力的な裝置でした、 また、造形物の異方性が極めて少ないのも大きな魅力でした。

                  HP Jet Fusion 3D導入により、ようやくこれで、最終製造物として射出成型品や切削に代わる代替品として、お客様に提案できると考えました。

                  HP Jet Fusion 3D 4200

                  HP Jet Fusion 3D 4200

                  導入の効果

                  導入から半年経過しても材料廃棄によるロスがゼロ

                  HP Jet Fusion 3Dの運用を開始して実際に半年ぐらい経っていますが、材料の廃棄が一度も発生していません。これまで使用していたSLS機では一回も材料を捨てていないということがなかったので、廃棄ロスに関しては大きく改善されました。

                  HP Jet Fusion 3Dの運用を開始して実際に半年ぐらい経っていますが、材料の廃棄が一度も発生していません。これまで使用していたSLS機では一回も材料を捨てていないということがなかったので、廃棄ロスに関しては大きく改善されました。

                  ファストクーリングプロセッシングステーション

                  圧倒的な生産性。品質はそのままに最大6倍のスピードアップ

                  HP Jet Fusion 3Dの優れているところは、造形スピードが速いことです。一度同じデータの內容で、従來から使っているSLS機と比較してみたのですが、驚くことに4倍から場合によっては6倍にまで造形スピードがアップしました。造形回數に関しても、元々、弊社では1日1回、回せれば早い方でしたが、HP Jet Fusion 3Dに関しては、最低でも1日2回は回せるので、かなり生産性が向上しています。

                  しかも品質はきちんと維持したまま生産性がアップできたのは驚きです。例えば、ネジ穴をプリントする場合、これまで弊社で使用していたSLS機だと綺麗にエッジが出ずに、ネジを回すときに引っかかったりしますが、HP Jet Fusion 3Dに関しては綺麗にエッジが出て、ネジも入りやすく回りやすいですね。

                  HP Jet Fusion 3Dで製作した製品は、他の成型品と同じように歪みがほとんど出ずに、きちんとした形で作成できるので、お客様に出す製品として問題がないと考えています。

                  品質はきちんと維持したまま生産性がアップできたのは驚きです。例えば、ネジ穴をプリントする場合、これまで弊社で使用していたSLS機だと綺麗にエッジが出ずに、ネジを回すときに引っかかったりしますが、HP Jet Fusion 3Dに関しては綺麗にエッジが出て、ネジも入りやすく回りやすいですね。

                  HP Jet Fusion 3Dで製作した製品は、他の成型品と同じように歪みがほとんど出ずに、きちんとした形で作成できるので、お客様に出す製品としては問題がないと考えています。

                  優れた操作環境と抜群のメンテナンス性

                  機械の操作がシンプルで扱いやすく、オペレーターの人材育成の時間もかなり短縮できます。 従來のSLS機は大型で操作するのは結構な肉體労働になりますが、HP Jet Fusion 3Dであれば、女性スタッフでも簡単にオペレートすることができます。

                  また、従來使用しているSLS機ではアンパック作業と材料充填を別々の場所で作業しているので、どうしても粉が舞ってしまうのですが、HP Jet Fusion 3Dに関しては粉が舞いにくい設計になっており、汚れが付きにくいのがありがたいです。従來機では毎日必ず清掃に入るのですが、HP Jet Fusion 3Dに関しては2日に1回でよくなり、清掃の負擔がかなり軽減されました。

                  弊社のSLS機は大型で操作するのは結構な肉體労働になりますが、HP Jet Fusion 3Dであれば、女性スタッフでも簡単にオペレートすることができます。

                  プロセッシングステーション畫面

                  機械の操作がシンプルで扱いやすく、オペレーターの人材育成の時間もかなり短縮できます。

                  ビルドユニットの交換

                  ハイクオリティの3Dプリント技術がマスプロダクションサービスを確立する

                  今までの積層造形方式では、大體の場合Z方向が弱くて簡単に割れてしまうという欠點がありましたが、プロダクション領域においては、今までその欠點については全く言及せず、3Dプリンターの優位性を強調するために、敢えて3Dプリンターを使用する理由を考えることが、スターティングポイントになっていました。 HP Jet Fusion 3Dの場合は、XY方向の強度とZ方向の強度がほとんど変わらないものが生産できるので、既存の製造方式の代替方式として検討できるのが他の造形方式と全く異なると思います。製造に関わる企業であれば生産數量に応じた最適な製造方式の一つとして、HP Jet Fusion 3Dでの造形を採用できると考えており、それを弊社が提供するクラウドサービスを通じてご利用いただくこともできると思います。

                  XY方向の強度とZ方向の強度がほとんど変わらないものが生産できるので、既存の製造方式の代替方式として検討できるのが他の造形方式と全く異なると思います。

                  HP Jet Fusion 3D による各種製品パーツ

                  今後の展望

                  メーカー様に対しては、弊社DMMをクラウドサービスとして自社の生産環境としてご利用いただくことはもちろん、HP Jet Fusion 3Dをすでに導入して利用されている企業様のセカンドファクトリーとして、瞬間的に向上してしまう生産キャパシティの拡大に、弊社の3Dプリント環境をぜひ使用していただきたいと思っています。 また、クラウドサービスとして安心してお客様にご利用いただくために、引き続きHP Jet Fusion 3Dを増設していって、お客様の瞬間的な生産キャパシティ増加を我々の側で吸収できるような環境を、構築していくのが今後の展望になっていくと考えています。

                  • メーカー様に対しては、弊社DMMをクラウドサービスとして自社の生産環境としてご利用いただくことはもちろん、HP Jet Fusion 3Dをすでに導入して利用されている企業様のセカンドファクトリーとして、瞬間的に向上してしまう生産キャパシティの拡大に、弊社の3Dプリント環境をぜひ使用していただきたいと思っています。
                  • クラウドサービスとして安心してお客様にご利用いただくために、引き続きHP Jet Fusion 3Dを増設していって、お客様の瞬間的な生産キャパシティ増加を我々の側で吸収できるような環境というのを、我々の側で構築していくというのが今後の展望になっていくと考えています。
                  亚洲乱亚洲乱妇50P_国产午夜福利短视频_99re视频热这里只有精品38_亚洲妇女熟BBW